W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > June 2012

RE: [css3-writing-modes] 縦中横についてお聞かせください

From: Taro Yamamoto <tyamamot@adobe.com>
Date: Wed, 13 Jun 2012 01:59:54 -0700
To: Koji Ishii <kojiishi@gluesoft.co.jp>, "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-ID: <704CA455A52852409CECEE4BD58445880B0F6A12AA@nambx10.corp.adobe.com>

他のアドビの人間と協議してこのコメントを書いているわけではないので、私個人の考えですが、以下にコメントします。

1	傍点や傍線には、当然、それを許容する空間が必要です。
2	傍線は直線として一貫していなければ、不自然です。つまり、途中で傍線の位置がずれるのは不自然です。
3	傍点についても、傍線との類推で、できるだけ、左右位置が揃っていないと、不自然でしょう。
4	基本的に傍点・傍線と縦中横とは独立しています。相互に依存させると、自動的に予測不可能な複数の変更操作を惹起するため、事故の発生原因になります。
5	独立に行われる操作の結果として好ましくない結果が出るかどうかは、事前に予測可能です。また、予測できなかった場合でも、結果として現れるため、校正によって対処可能です。
6	傍点・傍線と縦中横の場合は、ご指摘のように、

●縦中横指定したら、勝手に解除しないでほしい
●行間は変えないでほしい
●傍線、ルビ、傍点、隣の行などには重ならないでほしい 

	これらのそれぞれの要求は妥当なものです。

7	しかし、前述の独立性を保ちながら、自動的にこれら三つを解消する方法はありません。
8	ところで、次の事柄は事前に予見可能です。
	- 縦中横の幅が全角を超えたら、傍点や傍線とオーバーラップする。
	- 縦中横の幅が一定の幅を超えると、隣の行または隣の行の傍点・傍線とオーバーラップする。
9	したがって、編集制作上、上記2つを回避することで、上記の3つの●の要求をすべて満たすことが可能です。

私見まで。

山本
アドビ
Received on Wednesday, 13 June 2012 09:00:46 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Wednesday, 13 June 2012 09:00:48 GMT