W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > January 2011

Re: HTML 5 におけるルビの rb タグについて

From: Takayuki Akimoto <taka-akimoto@thoton.co.jp>
Date: Fri, 14 Jan 2011 14:37:04 +0900
Message-ID: <AANLkTikZfqqiVBU2NKCUPxnrVu0gL8g8-bcy6sAekTS4@mail.gmail.com>
To: MasaFuji <masa@fuji.email.ne.jp>
Cc: Koji Ishii <kojiishi@gluesoft.co.jp>, 奥村 晴彦 <okumura@edu.mie-u.ac.jp>, public-html-ig-jp@w3.org
写研だと、「行送り」と「行間」とを区別し、どちらの方式でも、指定可能。

行送り量を固定にすれば、現在行と前行が重なる可能性がある。
たとえば、現在行に大きなサイズの文字がある場合や、ルビが上につく場合など。
グリフのheightは、行送り量に影響を与えないので。

いっぽう、行間量を固定にした場合、重なることはない。
グリフの高さが考慮され、前行と現在行のアキが一定となるので。
しかし、行送り量は、必ずしも一定になるとは限らない。

CSS3は、line-heightだけで、line-spacingの概念はないですか?

ルビを考えると、「行間量固定」、つまり、「行送り量可変」のほうが、
きっとよいのでしょうが、仕様がさらにややこしくなり、他所への
影響も大きいですね

-- 
ソトン・グローバル・コンピューティング株式会社
代表取締役 秋元貴之
taka-akimoto@thoton.co.jp
www.thoton.co.jp
03-3784-1286 080-3757-5689
Received on Friday, 14 January 2011 05:37:37 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Friday, 14 January 2011 05:37:38 GMT