W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > January 2011

RE: HTML 5 におけるルビの rb タグについて

From: Koji Ishii <kojiishi@gluesoft.co.jp>
Date: Wed, 12 Jan 2011 20:32:38 -0500
To: Takayuki Akimoto <taka-akimoto@thoton.co.jp>
CC: Masayuki Nakano <masayuki@d-toybox.com>, "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-ID: <A592E245B36A8949BDB0A302B375FB4E0AAF0096D6@MAILR001.mail.lan>
厳密に言えば、「振り仮名」と「ルビ」は別物ですよね。「振り仮名」は、漢字の読みを仮名で振ること。「ルビ」は、おおよそ半分の大きさで行間に印刷すること。「振り仮名」を「ルビ」で表現することもあれば、後ろにカッコ付きで表現することもある、ということだと思います。

別物である以上、4つしか選択肢はありません。
1. 両方をそれぞれ別機能として実装する
2. 両方を統合して、両方のニーズをすべて含むものを実装する
3. いずれかを断念し、片方だけ実装する
4. いずれも実装しない

3と4は不幸なのであまり考えない(笑)とすれば、1か2が目指す姿だと思います。

まず「ルビが欲しい」という一定の声がある以上、ルビとしてのニーズは満たされるべきだと思います。

それに加えて、「振り仮名だけしか使わないのでもっと簡単なマークアップを」という声を合わせて考えた場合、結局は2つの選択肢しかないのではないでしょうか。
1. 両方をそれぞれ別機能として実装する
2. 両方を統合して、両方のニーズをすべて含むものを実装する

今は、選択肢2を採用し、そのために振り仮名だけの人には若干冗長なマークアップを強いる結果になっています。

「もっと簡単なマークアップを」という声に応えるためには、結果として選択肢1を取るしかないと思いますが、振り仮名には、ルビとは別の機能として設計し、追加するだけの価値があるとお考えですか?


-----Original Message-----
From: akimoto.takayuki@gmail.com [mailto:akimoto.takayuki@gmail.com] On Behalf Of Takayuki Akimoto
Sent: Wednesday, January 12, 2011 5:55 PM
To: Koji Ishii
Cc: Masayuki Nakano; public-html-ig-jp@w3.org
Subject: Re: HTML 5 におけるルビの rb タグについて

コージさん、

>振り仮名をあくまで元漢字の付帯情報と捉えるか、
>親文字もルビも両方とも同等価値のコンテンツか、

これは重要。ルビとは何か、どうあるべきか、という
根本的な問題です。

ツイッター上で数ヶ月前、シリコンバレーの技術者と
この問題について議論しましたが、結論は出ませんでした。

技術者の話に私は曖昧さを感じましたし、私のほうも、
いぜんとして、スッキリしたビジョンはないです。

一種のメタ情報のようなものか、ヘブライ語のニクダー(母音記号)、
あるいはロシア語のёのドットのような、本来は不要だが、
文字を正しく発音させるための、「補助符号」のようなものの
いずれか、だとは思ってますが。

--
ソトン・グローバル・コンピューティング株式会社
代表取締役 秋元貴之
taka-akimoto@thoton.co.jp
www.thoton.co.jp
03-3784-1286 080-3757-5689
Received on Thursday, 13 January 2011 01:33:20 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Thursday, 13 January 2011 01:33:22 GMT