W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > July 2010

Re: 縦組と横組みについて

From: Takayuki Akimoto <akimoto.takayuki@gmail.com>
Date: Wed, 14 Jul 2010 20:39:49 +0900
Message-ID: <AANLkTimxag_WLD0Nnb30udb_ImOfl0GHi2UUzKjXTRMn@mail.gmail.com>
To: Miwako Ichijo <usa132006@gmail.com>
Cc: public-html-ig-jp@w3.org
一條さん、

はじめまして。

> ページ内の該当領域のレイアウトや、領域内のborder類だけを考えるならば、
>この方法は私も直感的で、分かりやすいなと感じるほうです。

forcible-rotate案の利点についてご理解頂きありがとうございます。

> 90度単位で指定、というのは90度単位以外の数値がされた時は無視される、というようなことだと思ったのですが、

仰るとおりです。

実用上は、90度(横縦変換)、0度(元も戻す)、-90度(まれに縦横変換)の3つだけあればよいのでしょう。

>指定値が数値というより、キーワード的なものと考えれば違和感は特に感じません。

「90度回転させる」という表現は日常でもよく使いますからね。

つまり、実際はrotate(回転)より、transpose(転置=XY入れ替え)の概念に近いのでしょうが、
分かり易さという意味で言えば、やはり、rotate(回転)と表現したほうがいいような気もします。

thoton global computing 秋元
taka-akimoto@thoton.co.jp
Received on Wednesday, 14 July 2010 11:40:23 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Wednesday, 14 July 2010 11:40:24 GMT