W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > July 2010

Re: 縦組と横組みについて

From: Takayuki Akimoto <akimoto.takayuki@gmail.com>
Date: Wed, 14 Jul 2010 20:01:00 +0900
Message-ID: <AANLkTinPLC-__Oy6OpypW_xz_5hkFphgltJp3Xm9lBYO@mail.gmail.com>
To: Ishii Koji <kojiishi@gluesoft.co.jp>
Cc: MasaFuji <masa@fuji.email.ne.jp>, "MURATA Makoto (FAMILY Given)" <eb2m-mrt@asahi-net.or.jp>, "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
石井さん、

>なかなか話の意図が通じず申し訳ないのですが、秋元さんのおっしゃっている内容は、論理プロパティでも秋元さんの方法でも同じことをやっています。違いは、その指定方法にのみ存在している、というのが私の理解ですが、間違っていますか?

仰る通り、目的は同じで、発想・実現方式が異なるのだと思います。

directional-mode = logical|physicalは、

字送り方向と行送り方向を基準とする、新たな方向・位置指定概念
を導入し、従来のleft,right,top,bottomの意味を拡張・再定義する
アプローチだと理解しています。

いっぽう、

forcible-rotate=0|90

言わば、キャンバス・用紙自体を回転させるという発想です。

「分かり易さ」に関しては、仰るとおり個人差もあると思いますので、
ウェブデザイナー始め、多くの人の意見を聞いてみたいです。

皆さん、是非、お気軽にコメントをお願いします。

thoton秋元
Received on Wednesday, 14 July 2010 11:01:32 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Wednesday, 14 July 2010 11:01:33 GMT