W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > July 2010

Re: 縦組と横組みについて

From: Takayuki Akimoto <akimoto.takayuki@gmail.com>
Date: Wed, 14 Jul 2010 21:13:45 +0900
Message-ID: <AANLkTikVe1vqjT-Tvu1DzD4c7Hzyy_mRX9ESb-pyOfzc@mail.gmail.com>
To: MasaFuji <masa@fuji.email.ne.jp>
Cc: "MURATA Makoto (FAMILY Given)" <eb2m-mrt@asahi-net.or.jp>, public-html-ig-jp@w3.org
藤井さん、

>要は縦組にした場合と横組みにした場合のルールは異質で、自動変換に対応できる範囲は
>限られると思います。限られた中でも少しでも共用できるようなルールを捜そうと言うことでしたら分かります。

異質とまで言えるかどうか・・・。共通している部分と異なる部分があるということではないでしょうか。

>縦組と横組みのページレイアウトはかなり異質ですので、自動変換を目的とするのではなく、書字方法の違いがあっても紛れのない共通的な指定の仕方を探るべきと思っているものです。

理想的には、日本語テキストは、組み方向に依存しない書き方をすべきで、CSSの切り替えのみをもって、縦横の表示方向切り替えを実現すべきなのかも知れませんね。

>殆ど横組みが主流の電子ブックビュワーで、殆どマイナーな縦組を表示させるために、
>自由に変換できる自由度を持つべきと言うことですね。

横組み日本語ドキュメントの強制縦組み表示に関しては、CSSの範疇ではなく、デバイスなりブックビュアー側のトランスレータが各々担えばいいんじゃないかな。

フォールバックの議論とは似て非なる問題に思いますね。フォールバックはCSSの範疇かも知れませんけど。

thoton global computing
秋元
taka-akimoto@thoton.co.jp
Received on Wednesday, 14 July 2010 12:14:18 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Wednesday, 14 July 2010 12:14:19 GMT