W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > July 2010

Re:Re: 縦書き・横書と関係ない「本の開い ていく方向」指定

From: 小澤 郁人 <f-ozawa@b-s-c.co.jp>
Date: Wed, 14 Jul 2010 17:02:21 +0900
To: <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-Id: <20100714080221.613D210E8AFE@mail.b-s-c.co.jp>
小澤です。

見開き表現とかがあるので、1画面あたりの表示ページ数や、
綴じ方向に応じた次ページの連結方向などが指定できるといいですね。

あと、絵巻物や歴史年表のような横長のドキュメントを想定すると、
ページのデフォルトのスクロール方向を指定できると、
PCブラウザなどの縦スクロール中心のデバイスで読む場合は
便利かもしれませんね。表現の幅も広がりそうです。

ページ番号の制御もできると嬉しいですね。

こうなるとCSSだけでなく、ドキュメントレベルで
ページ関連のコンテンツだけ切り離して考えたほうが
良い気もしてきます。

たとえば、基本版面=bodyと考えてもいいのであれば、
二段組みのような版面を作る場合も、
bodyの形状自体を「画面を上下に二分割して要素を処理するページ」と、
定義して制御できるので、版面の制御が楽になりそうです。
(上下で画像が切断されたりしそうですが)

あくまで素人の妄想ですが・・・。


参考:横方向のスクロールを効果的に取り入れたWebサイト
http://www.mdn.co.jp/di/articles/617/?page=2



--Toshiyuki Kamada<tkamada@acm.org> wrote:
>鎌田です。
>
>2010年7月13日12:38 MURATA Makoto (FAMILY Given) <eb2m-mrt@asahi-net.or.jp>:
>> 日本のマンガを翻訳してテキストが英語になっても、本の開いていく方向は変わ
>> らないので、そういう指定が必要という指摘がEPUBの方で出ています。
>
>うーん、なるほど。書籍という点では考慮すべき観点ですね。
>
>Webの場合は、メディアタイプがprintのときにどうなるか、ということになるんでしょ
うか。メディアグループがpagedの場合、としたほうが適切なのかもしれませんが。
>
>HTML5でページの概念をもつメディアを考慮すべき、というのは、CSSにおいてすでに導
入されている概念だから当然、やるべきなのでしょうね。
>
>
>
Received on Wednesday, 14 July 2010 08:03:54 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Wednesday, 14 July 2010 08:03:55 GMT