W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > December 2009

Re[2]: 入力モード (inputmode) について

From: Futomi Hatano <info@html5.jp>
Date: Mon, 07 Dec 2009 16:48:17 +0900
To: Futomi Hatano <info@html5.jp>
Cc: Kotaro Kokubo <kotaro@hemiolia.com>, public-html-ig-jp <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-Id: <20091207163909.6423.C8DE7135@html5.jp>
羽田野です。

On Sun, 06 Dec 2009 08:56:39 +0900 Futomi Hatano <info@html5.jp> wrote:
> 二つ目のバリデーションとは、フォーム・サブミット時にチェックする機能です。
> input要素のpattern属性に近い機能ですが、日本語を制約するのは、不可能
> ではないのかもしれませんが、難しい気がします。

先日、私が上記のコメントをしておりましたが、よくよく考えてみると、日
本語特有のバリデーションは必要ないかもしれないと、思うようになりました。
input要素のpattern属性で、簡単に制限できそうです。

全角カタカナのみ許す
<input type="text" name="zenkana" pattern="[\u30A1-\u30F6]*" />

こんな具合に、簡単に制限できました。実際に、Opera 10で動作します。
これについて深く考えていくと、プリセット型の日本語制限の仕様化は難し
いと思いました。
例えば、一概に全角カタカナを許したいといっても、全角スペース、句読点、
長音記号などをどうするのかは、利用シーンで大きく異なってきます。
patternコンテンツ属性で制御できるのであれば、この方が柔軟性があって
良いと思った次第です。

自分で振っておきながら、自己解決するような投稿ですみません。


--
Futomi Hatano
http://www.html5.jp/
http://www.futomi.com/
http://twitter.com/futomi
Received on Monday, 7 December 2009 07:48:54 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Tuesday, 8 December 2009 13:16:32 GMT