W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > December 2009

Re: モノルビの実現における懸念、ルビの親文字のみを取得する場合の懸念

From: akihiro oyamada <yomotsu.net@gmail.com>
Date: Fri, 4 Dec 2009 11:43:53 +0900
Message-ID: <6f206cfe0912031843j489957d3hcaa716c4273262f3@mail.gmail.com>
To: public-html-ig-jp@w3.org
小山田です。

モノルビ/グループルビの混乱について、
現草案 4.6.20 The ruby element でのコード例は主にモノルビの例があげられており、
グループルビでの利用や、注釈への利用例が分かりづらく感じます。

モノルビは教育目的など、用途がやや限られているように感じますし、
モノルビはもう少し例外的に扱い、一般的なグループルビや
注釈に利用した例も示すべきだと感じています。

XHTML1.1 Ruby Annotation
http://www.w3.org/TR/ruby/
では
* ふりがなへの利用
* 注釈への利用
* 略語への利用
や
* グループルビ (単純ルビ)
* モノルビ (複雑ルビ)
など、いくつかの例に触れています。

HTML5 でも ruby 要素を使用する際の混乱をさけるため
XHTML1.1 Ruby Annotation と同様に
いくつかの例をあげておくべきではないでしょうか。
# これは spec 本体の外でやるべきですかね

または、HTML5 としてはモノルビを推奨しているのでしょうか。
Received on Friday, 4 December 2009 02:44:26 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Tuesday, 8 December 2009 13:16:32 GMT