W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > December 2009

Re: Valid や Conforming という言い回し

From: IWAI, Masaharu <iwaim.sub@gmail.com>
Date: Thu, 3 Dec 2009 17:49:19 +0900
Message-ID: <9f967da0912030049v6a9286c7i249159db6a331b84@mail.gmail.com>
To: public-html-ig-jp <public-html-ig-jp@w3.org>
岩井です。

2009年12月3日17:25 Shinichi Matsui <matsui.shinichi3@jp.panasonic.com>:
>> validの方はそもそも英単語なので、XMLの概念を援用することは
>> まったく問題ないと思います。
>> # validatorとかvalidationとかありますし、W3C Markup Validation Serviceでは
>> # 「valid」と普通に使われていますよね。
>
> ここで言うwell-formedとvalidは、それぞれ
>
> http://www.w3.org/TR/2008/REC-xml-20081126/#sec-well-formed
> http://www.w3.org/TR/2008/REC-xml-20081126/#dt-valid
>
> で定義されているものを差すと理解しています。少なくとも、(XML
> ベースの言語である)XHTMLに対しては、これらの意味と取らないと
> この2語の定義があいまいになると思います。

すみません。《ここで言う》がどこの話か解りませんでした。
が、当然XMLやXMLアプリケーションの文脈では、XML Spec.の意味で解されるでしょうし、
その意味で解すべきですね。その文脈では曖昧に使うべきではないです。


> ここでは、
>
>> well-formed XHTML
>> well-formed HTML
>> well-formed HTML5
>> valid XHTML
>> valid HTML
>> valid HTML5
>
> と並べて記述されているので、XHTMLとの比較に意味で、同じ
> 定義であると理解すれば、
>
>> well-formed HTML
>> valid HTML
>
> というのは違うのではないか、ということです。

HTMLの話なのに、XML Spec.を持ってくる時点でおかしいんじゃないでしょうか?
# そもそも「well-formed HTML」ってのは論外という話はあるかもしれないが。


> 岩井さんが
> おっしゃっている中では、
>
>> validの方はそもそも英単語なので、XMLの概念を援用することは
>> まったく問題ないと思います。
>
> のうち、「XMLの概念を援用する」(というより、定義で判断する)
> の部分には賛成ですが、英単語かどうかという点や、

英単語なのは自明なんじゃないかなー。
今、手元に英英辞典がないのでなんとも言えないけど。


>> # validatorとかvalidationとかありますし、W3C Markup Validation Serviceでは
>> # 「valid」と普通に使われていますよね。
>
> とおっしゃっていることで、valid本来の定義があいまいになるこ
> とを恐れております。

具体的に、どのように曖昧になる可能性があるのでしょうか?
ちょっと考えてみましたが、思いつきませんでした。


-- 
いわい
Received on Thursday, 3 December 2009 08:49:58 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Tuesday, 8 December 2009 13:16:32 GMT