W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > December 2009

Re: 空要素タグの文法

From: IWAI, Masaharu <iwaim.sub@gmail.com>
Date: Tue, 1 Dec 2009 02:29:52 +0900
Message-ID: <9f967da0911300929l7e7b2f4aw8b045daac6b17872@mail.gmail.com>
To: public-html-ig-jp@w3.org
岩井です。

2009年11月30日21:55 kitamura <kits@akatsukinishisu.net>:
> となりました。この文に沿って考えると、例えば属性なしのbr要素について、
> <br> や <br/> はどちらもOK、ということは言えますが、
> <br > や <br /> のような、要素名の後に任意の空白が入る書き方を
> 認めていないように見えます。

《認めていない》は言いすぎです。
禁止している場合は「must not」と記載されるのが一般的なので。

で、好意的に解釈すれば、この文章では、U+003C LESS-THAN SIGN (<) と
element's tag nameとU+003E GREATER-THAN SIGN character (>) だけで構成される
開始タグの場合、element's tag nameとU+003E GREATER-THAN SIGN characterの間にある
(HTML4でいうところの) 空白類については何も定めていないので、<br >や<br />のような
記述も許容されるといえるでしょう。
# HTML5でも「空白類」でいいのかしら。

ただ、仕様の表記を改めた方が望ましいかもしれないですね。


> ※以上の話は以下の記事でも言及しました。
> http://www.akatsukinishisu.net/itazuragaki/html/html5_void_elements_syntax.html

あまり関係ないかもしれないけど「may」を「かもしれない」と訳すのはなんか違和感が。
私の感覚では「あってもよい」などかなぁ。まあ、同じ意味に取れるかもしれないけど。

-- 
いわい
Received on Tuesday, 1 December 2009 08:31:44 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Tuesday, 8 December 2009 13:16:32 GMT