W3C home > Mailing lists > Public > public-agwg-comments@w3.org > January 2018

WCAG 2.1 public comment

From: SAWADA STANDARD DESIGN <nozomi@sawada-std-design.com>
Date: Sat, 13 Jan 2018 01:21:31 +0900
Message-Id: <F95E9549-C737-4E4F-9140-DCF1F8059861@sawada-std-design.com>
Cc: インフォアクシア植木様 <makoto.ueki@gmail.com>
To: public-agwg-comments@w3.org
W3C AG ワーキンググループ 様(Cc:植木様)

SAWADA STANDARD DESIGN の澤田と申します。
はじめまして。

WCAG 2.1 ワーキングドラフトについてコメントいたします。
(文字化けしていたらごめんなさい)


・達成基準 2.6.1 動作による起動[レベル A]について

レベル A であるなら、「かつ」以降の無効化に関する条件は必須にしなくても良いのではないかと思います。
無効化できなくてもユーザインタフェース コンポーネントで操作ができれば、目的が達成できる可能性は高いと思いますので。


・達成基準 1.3.4 共通した(or 一般的な)目的の特定[レベル AA]について

WCAG 2.0 において「ユーザインタフェース コンポーネント」はフォーム要素だけではなくリンクも含むことになっていますので、「全ての」ユーザインタフェース コンポーネントの目的をプログラムによる解釈可能にすることは、レベル AA としてハードルが高すぎると感じます。


以上です。
よろしくお願いいたします。


***
SAWADA STANDARD DESIGN

Nozomi Sawada

Okayama Japan
nozomi@sawada-std-design.com
08054229210

Received on Friday, 12 January 2018 18:00:09 UTC

This archive was generated by hypermail 2.4.0 : Friday, 17 January 2020 18:53:04 UTC