W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > July 2010

Re: CSS 3 Text/Text Layout の Document Grid

From: MURATA Makoto (FAMILY Given) <eb2m-mrt@asahi-net.or.jp>
Date: Tue, 13 Jul 2010 15:06:33 +0900
To: "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-Id: <20100713150632.B067.B794FC04@asahi-net.or.jp>
> 
> 私個人の考えになってしまいますが、「大変さ」は、その価値と対比されるもので、
>日本語組版にとって行グリッドの価値は非常に高いので、それなりのボリュー
>ムの「大変さ」までは許容されるべきではないか、と考えています。

行グリッドをいれるだけなら仕様でも実装でも簡単でしょう。位置・寸法決めの
ロジックに行グリッドを考慮することを導入しようとすると、仕様制定は
大変になりますし、実装も大変でしょう。仕様には書かずに、実装に期待する
手もありますが。

なお、OOXMLに日本が出したnew work item proposalでは、基本版面の設計の
ときにだけ行グリッドを考慮します。それ以上はとりあえず無理と諦めました。
 
> 再三同じ例で恐縮ですが、例えばMS Wordは日本語版ではデフォルトで
>行グリッドがオンになっています。これは私の記憶が確かならWordがX4051のサ
>ブセットを実装したWord 97からだと思いますが、このためにWordの組版エンジ
>ンを作り直した、ということはなかったはずです。英語版ではデフォルトオフで
>すが、スイッチをオンにすれば同じように使えます。

OOXMLおよびWordにおける基本版面(および行グリッド)のサポートは、まだ
十分ではないと理解しています。少なくとも基本版面の指定については、不十分
だからこそnew work item proposalを出している(そしてマイクロソフト
日本も反対しない)のです。

-- 
村田 真 <EB2M-MRT@asahi-net.or.jp>
Received on Tuesday, 13 July 2010 06:06:52 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Tuesday, 13 July 2010 06:06:52 GMT