W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > July 2010

予想シナリオ

From: MURATA Makoto (FAMILY Given) <eb2m-mrt@asahi-net.or.jp>
Date: Mon, 12 Jul 2010 12:03:47 +0900
To: public-html-ig-jp@w3.org
Message-Id: <20100712120346.B026.B794FC04@asahi-net.or.jp>
皆さん、

IDPF EPUB Revision WGのEGLS(Enhanced Global Language Support)サブグルー
プコーディネータの立場で、EPUBにおける縦書きについての見通しを書きます。

意思決定は、EPUB WG全体で行われ、EGLSは単に選択肢とその得失を提示する
だけです。縦書きCSSについてとても深い理解がEPUB WGに必ずしもあるわけでは
ない(EGLSでも怪しい)ので、おそらく表面的な議論だけになります。逆に言えば、
それで通るものしか通らないと予測します。だいたい、国際標準化というのはそう
いうものです(Unicodeをご覧なさい)。

CSSで通っているものを通すと言うのがいちばん楽で、そうでなければ難航する
かも知れません。CSSにない機構や解釈を勝手に入れて、多くの言語について
動くものを作れず、IDPFが非難されるというのは、IDPFとしては避けたいシナリ
オです。逆に言えば、こういう心配をしなくて済む形にすることが大事です。

私は、特定の意見を押すわけには立場上いかないので、EGLS
の議論のよい要約を作ることにやがては専念することになります。

-- 
村田 真 <EB2M-MRT@asahi-net.or.jp>
Received on Monday, 12 July 2010 03:04:05 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Monday, 12 July 2010 03:04:06 GMT