W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > July 2010

Re: CSS 3 Text/Text Layout の Document Grid

From: MURATA Makoto (FAMILY Given) <eb2m-mrt@asahi-net.or.jp>
Date: Wed, 07 Jul 2010 14:45:55 +0900
To: Ishii Koji <kojiishi@gluesoft.co.jp>
Cc: "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-Id: <20100707144554.AF44.B794FC04@asahi-net.or.jp>

> 「でき」というのは、プロパティのつくりが、という意味ですね? そのゴールが残っている
> としたら、代替案の検討などは進んでいないのでしょうか?

私の理解では進んでいません。

> ご引用くださったブログのリンクは、若干誤解があるようです。2003年時点の仕様
>では、行方向グリッドのみのモードと、行方向と字方向グリッド両方を設定す
>るモードがあります。こちらのブログでは、行方向字方向両方を設定する前提で書
>かれています。「グリッド」と言われて素直に発想するとそうなってしまうのか
>もしれませんが、これはもともと原稿用紙印刷用の特殊用途で、そういう意味で
>はこの方の言われる「通常の日本語組版と違う」というのは合っています。

OOXMLやODFならまだ分かりますが、CSSに原稿印刷用の特殊用途があるという
のは意味不明ですね。


>通常の組版では行方向グリッドのみを使用する想定で、原稿用紙印刷がHTMLで
>できなくてもあまり痛手はありませんが、行方向グリッドがないと、日本語組版
>をきれいに作る上では結構な痛手となると思います。先割のレイアウトでは行間
>よりも行送りを使いますし、後割でも複数行取りのレイアウトが上手に作れなく
>なります。

おっしゃる通りです。これを真面目にやるとレンダリングエンジンをおそらく作り
直すしかなくなるのでしょうね。その深刻さに、手を出せないでいるというとこ
ろが現状では。


国際大学
村田 真 <EB2M-MRT@asahi-net.or.jp>
Received on Wednesday, 7 July 2010 05:46:17 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Wednesday, 7 July 2010 05:46:18 GMT