W3C home > Mailing lists > Public > www-validator-css@w3.org > February 2009

Update Proposal for Messages.properties.ja

From: TAKAHASHI Makoto <hobbit_mak@yahoo.co.jp>
Date: Fri, 20 Feb 2009 16:48:45 +0900 (JST)
Message-ID: <20090220074845.75996.qmail@web3309.mail.ogk.yahoo.co.jp>
To: css-validator <www-validator-css@w3.org>
Translation and editorial problems of Messages.properties.ja.

Inconsistency: 検査 vs 検証
 CSS Validator vs CSS 検証サービス

Order of messages are different from Messages.properties.en.
"parser.unknown-dimension" appears twice.

Messages.properties.ja did not follow Messages.properties.en update.

                                                              Makoto

--- Z:\cssvalidator\2002\css-validator\org\w3c\css\util\Messages.properties.ja	Thu Feb 19 10:26:58 2009
+++ C:\Jigsaw\Jigsaw\WWW\servlet\css-validator\org\w3c\css\util\Messages.properties.ja	Fri Feb 20 16:25:45 2009
@@ -2,12 +2,12 @@
 
 language_name: 日本語
 more_options: オプション
-title_more_options: その他の検査オプションを表示する/隠す
+title_more_options: その他の検証オプションを表示する/隠す
 all: 全て出力
 normal_report: 一般的なものを出力
 most_important: 重要なものだけ出力
 no_warnings: 出力しない
-profile: Profile
+profile: プロファイル
 no_special_profile: 特にプロファイルを指定しない
 css1: CSS レベル 1
 css2: CSS レベル 2
@@ -17,8 +17,8 @@
 svgbasic: SVG Basic
 svgtiny: SVG tiny
 mobile: Mobile
-ATSC_TV_profile: ATSC TV profile
-TV_profile: TV profile
+ATSC_TV_profile: ATSC TV プロファイル
+TV_profile: TV プロファイル
 medium: Medium
 aural: Aural
 braille: Braille
@@ -38,25 +38,25 @@
 
 check: 検証する
 W3C_CSS_validation_service: W3C CSS 検証サービス
-check_CSS: カスケーディングスタイルシート(CSS)を検証
-by_URI: URLを指定
+check_CSS: カスケーディングスタイルシート(CSS)およびスタイルシートを組み込んだ(X)HTML文書を検証
+by_URI: URIを指定
 by_file_upload: アップロード
 by_direct_input: 直接入力
-validate_by_URI: URLで指定して検証
-enter_uri: 検証したい文書(CSSと組み合わせたHTML文書、もしくはCSS単体の文書)のURIを入力してください
-page_address: 検証対象のアドレスを入力してください
-address: アドレス
+validate_by_URI: URIで指定して検証
+enter_uri: 検証したい文書(CSS単体の文書、もしくはCSSを組みこんだHTML文書)のURIを入力してください
+page_address: 検証対象のURIを入力してください
+address: URI
 submit_uri: 検証するためのURIを送信します
-validate_by_file_upload: ソースファイルをアップロードして検証
-choose_document: 検証したいCSS文書のソースファイル名を入力してください
+validate_by_file_upload: ファイルをアップロードして検証
+choose_document: 検証したいCSS文書のファイル名を入力してください
 choose_local_file: アップロード・検証するローカルのファイルを選択します
-local_CSS_file: CSSファイル
+local_CSS_file: ローカルCSSファイル
 submit_file: 検証するファイルを送信します
 validate_by_input: テキストエリアに直接入力して検証
-enter_CSS: 検証したいCSSをテキストエリアに入力してください (CSSソースのみ)
+enter_CSS: 検証したいCSSをテキストエリアに入力してください
 submit_input: 入力したテキストを検証するために送信します
-note: メモ
-note_xhtml_valid: CSSスタイルシートを意図した通りに機能させるには、正しい文書解析木が必要です。つまり、<a href="http://validator.w3.org/">正当なHTML</a>を用いるべきです。
+note: 注意
+note_xhtml_valid: (X)HTML文書に組み込まれたCSSスタイルシートを検証する場合、まず、<a href="http://validator.w3.org/">(X)HTMLが正しいか検証する</a>べきです。
 # End of variables added along with Index page template
 
 W3C_validator_results: CSS Validator 検証結果 
@@ -67,32 +67,32 @@
 errors: エラー 
 # warnings_count <!-- generated on the fly -->
 warnings: 警告 
-validated_CSS: 入力されたCSS
-congrats: おめでとうございます! エラーはありません。
+validated_CSS: 検証されたCSS
+congrats: おめでとうございます! エラーはみつかりませんでした。
 # The sentence defined by doc_validates_before_link and doc_validates_after_link variables goes: \
 # "This document validates as CSSXX!" where XX stands for the CSS version used \
 # Since the content of the link about the CSS version is generated on the fly, \
 # it is important to define what goes before the link and what goes afterwards in 2 separate \
 # variables because the position of the link in the sentence varies in different languages
-doc_validates_before_link: おめでとうございます! この文書は正当な
+doc_validates_before_link: おめでとうございます! この文書は正当な
 doc_validates_after_link: として検証できました!
 no_errors_interoperable_msg: あなたがこのWebページを作るにあたって、\
 高度な相互運用性<span lang="en" xml:lang="en">(Interoperability)</span>\
 に対する配慮を行った事を読者に示すため、このアイコンを張る事をお勧めします。\
-あなたのWebページにこのアイコンを張るためには、次のHTMLの断片を利用すると良いでしょう。
+あなたのWebページにこのアイコンを張るためには、次のXHTMLを利用すると良いでしょう。
 valid_CSS: 正当なCSSです!
 # <!-- close the img tag with > instead of /> if using HTML<= 4.01 -->
 no_errors_close_tags_msg: HTML 4.01 以前を使用する場合は img タグを /&gt; ではなく &gt; で閉じてください。
 no_errors_dl_local_msg: この画像はローカルコピーを使っても構いません。\
 つまり、あなたのWebサーバにこの画像のコピーをダウンロードしてディレクトリに保存し、\
-上記のHTMLの断片について、ダウンロードしたものを参照するように変更して使う事もできます。
+上記のXHTMLについても、それを参照するように変更して使う事もできます。
 no_errors_create_link_msg: この検証結果のページに対するリンクを作りたい場合、\
 以下のURIを利用して下さい。\
 リンクを組み込んでおく事で、後からもう一度このページの検証を行ったり、\
 他の人がこのページを検証する事が容易になります。
 no_errors_forHTML_only_msg: HTML/XML 文書のみに有効
 no_errors_bookmark_msg: もちろん、このページをブックマークやホットリストに追加したのでもよいでしょう。
-note_valide_html: あなたの CSSスタイルシートを意図した通りに機能させるには、正しい文書解析木が必要です。つまり、<a href="http://validator.w3.org/">正しいHTML</a>を用いるべきです。
+note_valide_html: (X)HTML文書に組み込まれたCSSスタイルシートを検証する場合、まず、<a href="http://validator.w3.org/">(X)HTMLが正しいか検証する</a>べきです。
 top: Top
 # hook_html_validator <!-- generated on the fly -->
 not-css1-style: /* 注意して下さい ! このプロパティはCSS1用ではありません ! */
@@ -111,12 +111,12 @@
 feedback: お問い合わせ
 credits: 謝辞
 home_title: W3C CSS 検証サービスのホーム
-about_title: CSS Validator について
-doc_title: CSS Validator ドキュメント: 目次
-dl_title: CSS Validator のダウンロードとインストール
+about_title: CSS 検証サービスについて
+doc_title: CSS 検証サービスドキュメント: 目次
+dl_title: CSS 検証サービスのダウンロードとインストール
 feedback_title: フィードバック
 credits_title: 謝辞
-W3C_quality_msg: W3CのQuality Assurance Activityによって、フリーなウェブ品質ツールなどが提供されています。
+W3C_quality_msg: W3Cの品質保証活動により、フリーなウェブ品質ツールなどが提供されています。
 learn_more_msg: カスケーディングスタイルシートについてもっと知る
 support: 参加してこのツールを支援しましょう:
 supporter: W3C サポーター
@@ -157,7 +157,7 @@
 # used by org.w3c.css.properties.CssSelectors
 warning.unknown-html: %s はHTMLの要素ではありません
 warning.html-inside: HTML 要素は他の要素中に含むことはできません
-warning.body-inside: BODY 要素は HTML 要素以外の他の要素中に含む事はできません
+warning.body-inside: BODY 要素は HTML 要素以外の他の要素中におく事はできません
 warning.pseudo-classes: アンカー(Anchor) 疑似クラス %s は、'A' 要素以外の他の要素には効果がありません
 
 # not used by org.w3c.css.properties.CssSelectors for the moment
@@ -192,6 +192,27 @@
 # You can't write something like this : For the color, blue is an incorrect value
 error.value: %s は %s で利用できる値ではありません
 
+#used by org.w3c.css.properties3.CssToggleGroup
+error.groupname: %s は正しくないgroupnameです。正しい identifier を使ってください
+
+#used by org.w3c.css.properties3.CssGroupReset
+error.nogroup: %s は toggle-group プロパティによって指定されていません
+#used by org.w3c.css.properties3.CssGlyphOrVert
+error.anglevalue: 値は -360 から 360 の間で、かつ 90 で割り切れる必要があります
+
+#used by org.w3c.css.properties3.CssTextKashidaSpace
+error.percentage: パーセンテージ値が必要です
+
+#used by org.w3c.css.properties.CssTextAlign
+warning.xsl: 値 %s は XSL にのみ適用可能です
+
+#used by org.w3c.css.parser.analyzer.CssParser
+warning.medialist:  メディアリストは 'media :' %s で始まるべきです
+error.nocomb: セレクタ間の結合子 %s はこのプロファイルまたはバージョンでは利用できません
+
+#used by org.w3c.css.properties.CssDirection
+warning.direction: ブロックレベル要素には'direction'ではなく新しいCSS3の'writing-mode'プロパティを用いてください
+
 # used by org.w3c.css.properties.CssTextDecoration
 error.same-value: %s は二回出現しました
 
@@ -205,6 +226,7 @@
 
 # used by org.w3c.css.properties.CssContent
 error.attr: 属性の定義が間違っています attr(X)
+error.function: 正しくない関数定義です
 error.counter: カウンター定義が間違っています counter(<identifier>[,<list-style-type>]?)
 error.counters: カウンター定義が間違っています counters(<identifier>,<string>[,<list-style-type>]?)
 
@@ -241,7 +263,8 @@
 error.url: %s は正しいURLではありません
 
 # used by org.w3c.css.values.CssColor
-error.rgb: %s は、3または6つの16進数の数字による正しい色の指定ではありません
+error.rgb: %s は、3または6つの16進数による正しい色の指定ではありません
+error.angle: %s は正しい角度ではありません。値は 0 から 360 の間である必要があります
 
 # used by org.w3c.css.values.CssNumber
 error.zero: %s には 0 だけが使えます。数字の後には単位を入れる必要があります
@@ -252,30 +275,46 @@
 error.noexistence: プロパティ %s は %s に存在しませんが、%s に存在します
 warning.noexistence: プロパティ %s は %s に存在しませんが、%s に存在します
 warning.noexistence-media: プロパティ %s はメディア %s には存在しません
-
+warning.notforusermedium: プロパティ %s はこのユーザメディアには存在しません
+warning.noothermedium: 他のメディア用のプロパティはユーザメディアでは動作しない可能性があります
+# used by org.w3c.css.parser.AtRule*
+error.noatruleyet: @import 以外の @rules は CSS1 %s ではサポートされていません
+# used by org.w3c.css.parser.analyzer.CssParser
+error.notforcss1: 値 %s は CSS1 には存在しません
+warning.pseudo: 未知の疑似要素または疑似クラス %s がデフォルトプロファイル (%s) にあります
+warning.nocomb: セレクタ間の結合子 %s はこのプロファイルまたはバージョンでは利用できません
+warning.charsetspecial: このプロファイルには、固有の @charset 構文があります。@charset のあとには1つのスペース、引用符つきのエンコーディングの名前、セミコロンを並べます。
+warning.notversion: %s はこの CSS : %s バージョンでは利用できません
 # used by org.w3c.css.parser.CssFouffa
 error.unrecognize: 値が多すぎるか、もしくは値が解析できません
 
 # used by org.w3c.css.parser.CssFouffa
 generator.unrecognize: 文法解析エラーが発生しました
-generator.dontmixhtml: 文法解析エラーが発生しました. スタイルシートのHTML構文が含まれてはならない。
+generator.dontmixhtml: 文法解析エラーが発生しました。スタイルシートのHTML構文が含まれてはなりません。
+
+# used by org.w3c.css.css.StyleSheetGeneratorHTML2
+error.unknown: 不明なエラー
 
 # used by org.w3c.css.parser.CssSelectors
 error.pseudo-element: 疑似要素 :%s はコンテキスト %s 中のこの場所では使えません
 error.pseudo-class: 疑似クラス .%s は HTMLコンテキスト %s 中のこの場所では使えません
-error.pseudo: %sは未知の疑似要素または疑似クラスです
-warning.pseudo: 未知の疑似要素または疑似クラス %s がデフォルトプロファイル (%s) にあります
-error.id: ID セレクタ #%s は間違っています!\
+error.pseudo: %s は未知の疑似要素または疑似クラスです
+error.id: ID セレクタ #%s は間違っています!\
 単純セレクタ (simple selector) %s には一つのIDセレクタしか指定できません
 error.space: 属性セレクタ (attribute selector) ~= が用いられている場合、\
 値 %s の中の語は空白文字を含む事はできません
 error.todo : 申し訳ありませんが、feature %s はまだ実装されていません
 error.incompatible: %s と %s は互換性がありません
 warning.incompatible: %s と %s は互換性がありません
+error.notformobile: %s は mobile プロファイルでは利用できません
+error.notforatsc: %s は ATSC プロファイルでは利用できません
+error.notfortv: %s は TV プロファイルでは利用できません
+error.notversion: %s は CSS : %s バージョンでは利用できません
 
 error.media: 認識できないメディア %s が指定されています
 error.page: 認識できない疑似名前付きページ(psuedo named page) %s が指定されています
 
+error.unrecognized.link: 認識できないリンク要素またはxml-stylesheet PIです。
 
 # used by StyleSheetGeneratorHTML
 generator.context: コンテキスト
@@ -286,70 +325,45 @@
 generator.property: 次のプロパティが正しくありません
 generator.line: 行番号
 generator.not-found: ファイルが見つかりません
-generator.doc-html: <!-- removed this confusing message olivier 2006-12-14 -->
 
+generator.doc-html: <!-- removed this confusing message olivier 2006-12-14 -->
 generator.doc:<!-- removed this confusing message olivier 2006-12-14 -->
 
+
 # used by the parser
 parser.semi-colon: プロパティ名の前にセミコロン(;)を追加してみて下さい
 
-parser.unknown-dimension: 未知の次元。
+parser.unknown-dimension: 未知の寸法。
 
-parser.old_class: CSS1では、 クラス名はdimension (".55in" など) でない限り、数字から始める事ができました (".55ft" など)。\
-CSS2では、このようなクラスは未知の dimension として解析されます。(これは、将来新しい単位が追加される可能性を保つためです)
+parser.old_class: CSS1では、 クラス名は寸法 (".55in" など) でない限り、数字から始める事ができました (".55ft" など)。\
+CSS2では、このようなクラスは未知の寸法として解析されます(これは、将来新しい単位が追加される可能性を保つためです)。".%s"を正当なクラスにするためには、CSS2では最初の数字をエスケープして".\3%s"とする必要があります。
 
-parser.old_id: CSS1では、id名は dimension ("#55in"など) でない限り、数字から始めることができました ("#55ft" など)。 \
-CSS2では、このようなidは不明な dimension として解析されます。これは、将来新しい単位を追加できるようにするためです。
+parser.old_id: CSS1では、id名は寸法 ("#55in"など) でない限り、数字から始めることができました ("#55ft" など)。 \
+CSS2では、このようなidは不明な 寸法として解析されます。これは、将来新しい単位を追加できるようにするためです。
 
-parser.class_dim:CSS1では、 クラス名はdimension (".55in") でない限り、数字から始める事ができます (".55ft")
+parser.class_dim:CSS1では、 クラス名は寸法 (".55in") でない限り、数字から始める事ができます (".55ft")。
 
-parser.id_dim: CSS1では、id名は dimension ("#55in"など) でない限り、数字から始めることができます ("#55ft" など)。
+parser.id_dim: CSS1では、id名は寸法 ("#55in"など) でない限り、数字から始めることができます ("#55ft" など)。
 
 parser.charset:@charset 規則が指定できるのは、スタイルシートの最初の部分のみです。直前にスペースが入っていたりしないか確認してみてください。
 
 parser.charsetspecial:このプロファイルには、固有の @charset 構文があります。@charset のあとには1つのスペース、引用符つきのエンコーディングの名前、セミコロンを並べます。
-warning.charsetspecial: このプロファイルには、固有の @charset 構文があります。@charset のあとには1つのスペース、引用符つきのエンコーディングの名前、セミコロンを並べます。
-warning.old_id: CSS1では、id名は dimension ("#55in"など) でない限り、数字から始めることができました ("#55ft" など)。 \
-CSS2では、このようなidは不明な dimension として解析されます。これは、将来新しい単位を追加できるようにするためです。
+
+warning.old_id: CSS1では、id名は寸法 ("#55in"など) でない限り、数字から始めることができました ("#55ft" など)。 \
+CSS2では、このようなidは不明な寸法として解析されます。これは、将来新しい単位を追加できるようにするためです。
 
-warning.old_class: CSS1では、 クラス名はdimension (".55in" など) でない限り、数字から始める事ができました (".55ft" など)。\
-CSS2では、このようなクラスは未知の dimension として解析されます。(これは、将来新しい単位が追加される可能性を保つためです)
+warning.old_class: CSS1では、 クラス名は寸法 (".55in" など) でない限り、数字から始める事ができました (".55ft" など)。\
+CSS2では、このようなクラスは未知の寸法として解析されます。(これは、将来新しい単位が追加される可能性を保つためです)
 
 # used by the servlet
 servlet.invalid-request: 正しいリクエストではありません
 servlet.process: 指定されたオブジェクトは処理できません
 
-error.unrecognized.link: 認識できないリンク要素またはxml-stylesheet PIです。
-
-#used by org.w3c.css.parser.analyzer.CssParser
-error.nocomb: セレクタ間の結合子 %s はこのプロファイルまたはバージョンでは利用できません
-warning.nocomb: セレクタ間の結合子 %s はこのプロファイルまたはバージョンでは利用できません
-error.angle: %s は正しい角度ではありません。値は 0 から 360 の間である必要があります
-error.anglevalue: 値は -360 から 360 の間で、かつ 90 で割り切れる必要があります
-error.function: 正しくない関数定義です
-error.groupname: %s は正しくないgroupnameです。正しい identifier を使ってください
-error.noatruleyet: @import 以外の @rules は CSS1 %s ではサポートされていません
-error.nogroup: %s は toggle-group プロパティによって指定されていません
-error.notforatsc: %s は ATSC プロファイルでは利用できません
-error.notforcss1: 値 %s は CSS1 には存在しません
-error.notformobile: %s は mobile プロファイルでは利用できません
-error.notfortv: %s は TV プロファイルでは利用できません
-error.notversion: %s は CSS : %s バージョンでは利用できません
-error.onlyATSC: %s この関数は atsc-tv メディアでしか利用できません
 warning.atsc: %s は atsc-tv メディアでサポートされていない可能性があります
-error.percentage: パーセンテージ値が必要です
-error.unknown: 不明なエラー
-warning.deprecated: この値は廃止されました
-warning.direction: ブロックレベル要素には'direction'ではなく新しいCSS3の'writing-mode'プロパティを用いてください
-warning.medialist:  メディアリストは 'media :' %s で始まるべきです
-warning.noothermedium: 他のメディア用のプロパティは usermedium では動作しない可能性があります
-warning.notforusermedium: プロパティ %s はこの usermedium には存在しません
-warning.notversion: %s はこの CSS : %s バージョンでは利用できません
-warning.otherprofile: プロパティ %s はこのプロファイルには存在しませんが、他のプロファイルでは正当です
-warning.xsl: 値 %s は XSL にのみ適用可能です
+error.onlyATSC: %s この関数は atsc-tv メディアでしか利用できません
 
-parser.unknown-dimension: 不明なディメンション
-generator.dontmixhtml: パースエラーが発生しました。スタイルシートにHTMLシンタックスが含まれています。
+warning.otherprofile: プロパティ %s はこのプロファイルには存在しませんが、他のプロファイルでは正当です
+warning.deprecated: この値は廃止されました
 
 warning.float-no-width: (X)HTML+CSSでは浮動要素には幅属性の宣言が必要です。固有の幅属性を持つ要素(すなわちhtml, img, input, textarea, select, またはobject)は対象外です。

--------------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/

Received on Friday, 20 February 2009 07:49:32 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Wednesday, 27 June 2012 00:14:22 GMT