W3C home > Mailing lists > Public > www-validator-css@w3.org > December 2001

視力回復機器の案内(特別価格)

From: 光洋商事 株式会社 <koyo@koyo.tsubomi.net>
Date: Thu, 13 Dec 2001 09:34:58 +0900
Message-ID: <000b01c1836e$45794060$0201a8c0@koyo1>
To: 光洋商事 株式会社 <koyo@koyo.tsubomi.net>
驚異の視力回復機器
−−−−−−−−−−−−
Vision Bright VG1000は、視力回復を目的とし中国で開発され、
一日数回覗くことで効果が得られる視力保健器です。
人間の視覚生理機能と光学の図像原理を利用し、器具内に設置された
カラー写真のターゲットを遠近距離により連続移動させます。
患者の眼がこの動きを追うことで、科学的に調節肌が鍛えられ、
水晶体の調節機能が高まり、視力回復の効果が得られるというものです。

Vision Bright VG1000は、通常の視力保健器のように眼球やツボをに刺激を与え、
強制的に一時的な効果をもたらす器具ではなく、訓練を重ねることにより、
自然に視力を回復させるための器具です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
毎日、朝夕に5分間程度、本製品を左右の目を交互に覗くだけで、
仮性近視であれば2週間程度で驚くほどの視力回復がみられます。
特に5才〜18才を対象とした場合、その効果は顕著で、
中国・上海市での20万人テストでは、視力回復率100パーセントという
驚くべき数値を示しています。

18才以上の人ならば年齢に応じ訓練期間を延ばす(3カ月以内)事により、
視力を元に戻すことができます。また、真性近視や機能的障害による
弱視の方は、3〜6カ月の訓練で、80パーセント以上の視力は回復します。
回復した視力が自然に元の近視に戻ってしまう事はありませんが、
外的要因で再び近視になる事や、一時的に視力が低下する事がありますが、
そのつど本品を使用することで短期間で視力を回復させることができます。
また、コンピューター等を日常使用している方には、目の疲労回復器として
最適といえます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ヴィジョンブライトVG1000の原理は、人間の視覚生理機能を
光学図像の原理を利用し、本品の内部に設置されているカラー写真の対象を
遠近距離により連続的に移動させ、利用者の目を規律的に運動させることで、
目の調節筋を鍛え、水晶体の調節機能を高めるものです。

本品は目の治療行為を行うものではなく、あくまで角膜内部の水晶体の
疲労回復器ですので、本品を使用することによる副作用等は一切ありません。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1998年4月  イギリス・中国・アメリカ・台湾・シンガポール発売開始
1999年8月  日本・オーストラリア・韓国発売開始
 日本での発売価格  58,000円
 特別価格 29000円
 特許  中華人民共和国  特許 NO.JL97 2 08881.4 / JL97 3 19880.X
 日本では実用新案申請中
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 視力回復率
中国・上海における20万人のテスト結果で視力回復率97%

5才〜18才までの人の視力回復率が顕著
(本器具を利用してほぼ3週間で97%)
成人は年齢によって視力回復日数が異なります。
 近視・乱視・遠視・弱視に効果があり、目の疲労回復に適しています。
 この器具を使用することによっての副作用はありません。
-------------------------------------------------------
光洋商事株式会社
東京都武蔵野市吉祥寺本町1−20−1
                永谷シティプラザ4F

0120−144−787
−−−−−−−−−−−−−−−
TEL 0422-21-7807
FAX 0422-21-7824

担当 西村まで

http://koyo.tsubomi.net/vg1000
http://koyo.tsubomi.net
http://koyo.tsubomi.net/idea 知って得の情報
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Received on Wednesday, 12 December 2001 19:37:50 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Wednesday, 27 June 2012 00:14:05 GMT