W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > June 2012

RE: [css3-writing-modes] 縦中横についてお聞かせください

From: Taro Yamamoto <tyamamot@adobe.com>
Date: Wed, 13 Jun 2012 02:44:49 -0700
To: Koji Ishii <kojiishi@gluesoft.co.jp>, "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-ID: <704CA455A52852409CECEE4BD58445880B0F6A12CF@nambx10.corp.adobe.com>
> 予見できずに重なってしまう現象が確認されたので、製作側がtext-combine-horizontalを断念してspanに切り替えています。

たしかに。

二分および三分の英数字グリフが直接指定により利用可能であることは、傍線や傍点を縦中横と併用する場合の必要条件です。前者が不可能な時に後者を常に問題なく実現することは不可能です。

ただ、将来的には予見可能性もこれらの必要なグリフのサポートの可能性も高まるのではないですか? それによって段階的にこれらの問題は解消されていくと思います。

> 予見できないCSSにおいては、どういう動きを推奨されますか?

1	二分および三分の英数字グリフを指定可能にする
2	縦中横文字をスケーリングする
3	ボールド書体など、傍点・傍線によらない強調方法を用いる

これしか、私には思いつきません。個人的にどれを推奨するかと問われれば3です。明治・大正・昭和から戦後、そして現代と、傍点についてはどんどん目立たないものになってきたように思いますから。

山本


Received on Wednesday, 13 June 2012 09:45:20 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Wednesday, 13 June 2012 09:45:21 GMT