W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > January 2012

[css3-text] 両端揃え時に、半角文字と全角文字で空け量を変えるべきか

From: Koji Ishii <kojiishi@gluesoft.co.jp>
Date: Sat, 7 Jan 2012 05:35:11 -0500
To: "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-ID: <A592E245B36A8949BDB0A302B375FB4E0D242AC37E@MAILR001.mail.lan>
CSS-ISSUE-98[1] に上がっていますが、両端揃えの時に、半角文字と全角文字で空け量を変えるべきではないか、という指摘があります。元の話は2009年に懸念として挙げられたもので、そうしないと2つの半角文字と1つの全角文字がそろわなくなる、というもののようですが、ご意見いただけますでしょうか?

そもそも元の話が議事録[2]からは正確に読み取れませんが、「半角文字」と言った時に、半角英数と半角カナの両方が考えられます。両端ぞろえ(Justification)はまず和字の間を広げていき、どうしようもなくなった時に英数字間を広げますので、全角文字と半角英数のバランスはあまり気にする必要がなのではないかと思います。

では半角カナは、というと、確かに過去にそういう実装もありましたが、現代における半角カナの使われ方や、そもそも全角・半角で桁合わせするときには両端揃えにしないのではないか、ということを考えると、この問題は考慮しなくてもいいのではないかと私は思っています。

ご意見いただけますでしょうか? よろしくお願いいたします。

[1] http://www.w3.org/Style/CSS/Tracker/issues/98
[2] http://lists.w3.org/Archives/Public/www-style/2009Mar/0064.html
Received on Saturday, 7 January 2012 10:37:42 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Saturday, 7 January 2012 10:37:42 GMT