W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > February 2012

Re: 両側ルビの実例をご存知の方にお願い (was RE: HTML5 and ruby

From: MURATA Makoto <eb2m-mrt@asahi-net.or.jp>
Date: Sun, 12 Feb 2012 14:02:00 +0900
Message-ID: <CALvn5EATdyZoZ-VVgK8hnaahnu48GqJWgGFiD5dFuMibA3LyYA@mail.gmail.com>
To: Koji Ishii <kojiishi@gluesoft.co.jp>
Cc: "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
両側ルビの例として、講談社の「21世紀版 少年少女文学館
シリーズ」があります。これは、世界文学館、日本文学館、
古典文学館からなる全69巻のシリーズです。このシリーズ
の特徴の一つは、徹底したルビにあります。

Amazonに、このシリーズの特集ページがあり、画像で
実際のページを示しています。もちろんルビも含まれ
ています。

http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?ie=UTF8&docId=1000173306

このシリーズでのルビは、単に読み方を説明するだけ
ではなく、少年少女には難しい事項を分かりやすく説明し
ています。たとえば、「北の政所」には、傍線が引かれ
ており、「摂政、関白の妻の敬称」というルビが右側に
ついています。そして、「北」の左側には「きた」、
「政所」の左側には「まんどころ」とルビが振られています。

最初に見たときは、大量のルビが煩わしく思いました。
しかし、実際に読んでみると、これがなかなかいいのです。
本文中に難しいところがあっても、確認したくなればちょっと
視線をずらせばよく、面倒な操作(たとえば脚注番号を辿る
など)をする必要がありません。ルビを取り去ったらこの
シリーズの魅力は半分になってしまうでしょう。

このシリーズは執筆も編集も組版もたいへんだったと思います.
日本の古典を少年少女に親しませるために一所懸命に工夫したの
でしょう。親として子供に少しずつ与えていきたいと思います
し、自分でも読みたいと思っています。

私はこのシリーズのルビを絶賛しますが、両側ルビをHTML
やCSSでやるべきかどうかについては、また話が別です。
むしろ、安易な模倣はこのシリーズに携わった人達を失望さ
せるのではないかと思います.複雑ルビを入れるべきかどうか
について論点を整理しませんか。

村田 真


-- 

Praying for the victims of the Japan Tohoku earthquake

Makoto
Received on Sunday, 12 February 2012 05:02:28 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Sunday, 12 February 2012 05:02:29 GMT