W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > January 2011

Re: HTML 5 におけるルビの rb タグについて

From: Haruhiko Okumura <okumura@edu.mie-u.ac.jp>
Date: Sat, 1 Jan 2011 16:02:21 +0900
Cc: "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-Id: <EA2E98D5-6DB1-4822-80A7-3A524DB2D3F0@edu.mie-u.ac.jp>
To: Koji Ishii <kojiishi@gluesoft.co.jp>
石井様,皆様,あけましておめでとうございます。

私のサイトをgrepしてみましたが,二つある例のどちらも<rb>を使っています。

W3CのHTML5のページ
http://www.w3.org/TR/2010/WD-html5-20101019/text-level-semantics.html#the-ruby-element
を見てみましたが,例の

<ruby>漢<rt>かん</rt>字<rt>じ </rt></ruby>

でなぜ「じ 」と全角空白を使っているのかもよくわかりませんね。
しかも表示例で親字とルビが離れすぎていますし。

どうすれば石井さんに加勢することができるでしょうか。
できること(voteとか)があったらお教えください。

On 2011/01/01, at 15:13, Koji Ishii wrote:

> 皆様、明けましておめでとうございます。
> 
> ご存知の方も多いと思いますが、Ruby Annotation[1] におけるSimple Rubyで
> <ruby>
>  <rb>漢字</rb>
>  <rt>かんじ</rt>
> </ruby>
> というタグだったものが、HTML 5[2] においては
> <ruby>
>  漢字
>  <rt>かんじ</rt>
> </ruby>
> と、rb タグを失くすようになっています。
> 
> これに対し、i18n reviewからオプションでいいので rb タグを許容してほしいというリクエスト[3] が上がっていますが、Editorにすでに一度Rejectされています。
> 
> HTML WG側の主張は
> 1. 徹底的な調査(extensive research) の結果、現実に沢山のページ(in practice many pages)が rb タグを使っていない
> 2. タグを付与する価値がないので、短期的に rb を削除するコストが発生したとしても、長期的にはメリットがある
> ということですが、i18n reviewの主張は
> 1. 調査すると90%以上のページが rb タグを使っている
> 2. XMLやXHTMLとコピーする場合など、互換性の問題が生じる
> と全く異なる事実を指しています。
> 
> 長期論は水かけ論になる可能性もありますが、少なくともHTML WGの言う「短期コスト」を払うのは日本の製作者であり、HTML WGの調査の「rbタグを使っていない」が我々の認識と大きく異なる以上、これをきちんと議論しないと、将来に遺恨を残すと判断し、この問題[3] をreopenしました。
> 
> 最近ボランティアでDAISY教科書などにも関与させていただいていますが、そこではvalidationが必須になっているため、HTML 5から落とされてしまうと、過去のデータをHTML 5化する時に rb タグをすべて落とさなければなりません。
> 
> また「タグを付与する価値がない」という主張に対しても、DOM/CSS/XPathでルビの親文字を指定することができなくなる、という実質的なデメリットがあると思っています。
> 
> 個人的考えにより、i18n WG/fantasaiとともにHTML WGとこの問題を議論していこうと思っていますが、皆様のご意見もいただければ幸いです。
> 
> 
> [1] http://www.w3.org/TR/ruby/
> [2] http://www.w3.org/TR/html5/text-level-semantics.html#the-ruby-element
> [3] http://www.w3.org/Bugs/Public/show_bug.cgi?id=10830
> 
Received on Saturday, 1 January 2011 07:02:56 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Saturday, 1 January 2011 07:02:57 GMT