W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > July 2010

縦書きの中の dir="rtl" (was RE: 縦書きにおける方向関連の議論のいったん整理

From: Ishii Koji <kojiishi@gluesoft.co.jp>
Date: Tue, 20 Jul 2010 00:04:41 -0400
To: MURAKAMI Shinyu <murakami@antenna.co.jp>, "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-ID: <A592E245B36A8949BDB0A302B375FB4E09EC11DC4E@MAILR001.mail.lan>
本題とずれるので件名を変えました。

ここで議論することではないのかもしれませんが、

> XHTMLの側で dir="ltr" または dir="rtl" が指定された要素に対しては横書
> きを強制するという案があります。
:
> (X)HTML の dir 属性は、普通は CSS の direction プロパティにマッピングさ
> れるものですが、縦書き対応の場合には、block-flow: tb も指定する機能をも
> たせてもよいのではないかという考えです。

これはちょっと疑問が残ります。

* 縦書きの中でRTLが使えなくなること。
* 便利だからという理由で、本来の枠組みを少し超えてしまっているんではないかと感じること

「あんまり使わないし、この方が便利じゃん」という、ちょっと安易な感じを受けるのは、私だけでしょうか?

縦書きの本の中で、原文で示したい部分があれば、横に寝かせた英文を書きますよね。これにしてしまうと、横に寝かせたRTL言語は永久に書けなくなる、ということですよね?

「標準化」というのが「多数決」なのか、「少数も生かす」ものなのか、という議論にもなるのかもしれませんが、実際にあまり使わないとしても、ゼロではないニーズに対して「永久にできなくする」というところに少し引っかかるのかもしれません。
Received on Tuesday, 20 July 2010 04:05:17 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Tuesday, 20 July 2010 04:05:19 GMT