W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > July 2010

RE: Directional-mode 補足 (was RE: MozillaとWebkitのlogical property

From: Ishii Koji <kojiishi@gluesoft.co.jp>
Date: Sun, 18 Jul 2010 09:19:40 -0400
To: "MURATA Makoto (FAMILY Given)" <eb2m-mrt@asahi-net.or.jp>, "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
Message-ID: <A592E245B36A8949BDB0A302B375FB4E09EC11DBA6@MAILR001.mail.lan>
> > それまでは、EPUB の縦書きは、CSSで縦書きを指定するのではなく、ビュー
> アの
> > 側で縦書きにして表示するというものになります。
> 
> これは村上さんの個人見解です。

おっしゃる通りです。

とはいえ、標準化が追い付かない分野でユーザーニーズがあるために独自縦書きビューアが複数存在し、複数の実装者がそれぞれ独立して考えたにもかかわらず、鎌田さんのおっしゃる「左が先頭を表す」思考に行きついた、というのは、大事な事実ではないでしょうか。

今のCSSはこの事実とは異なる方向に進んでいます。このまま行けば、「左は(縦書きでも)ページの左」です。

論理プロパティやdirectional-modeは、村上さん、鎌田さん、影鷹の開発の方、竹取Webの開発の方含めた多くの人々の考え方を否定することなく受け入れ、CSSに組み込むための方法である、というのが村上さんのおっしゃりたいポイントだと理解しています。

私は実装方法にはこだわりはないので、論理プロパティでもdirectional-modeでも、あるいはもし他のよい方法があるならそれでも、構わないと思っています。しかし、何かをしないと、「左が先頭」にはなりません。その部分については、村田さんも合意していただいているのではないかと思っていますが、いかがでしょうか?
Received on Sunday, 18 July 2010 13:20:15 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Sunday, 18 July 2010 13:20:16 GMT