W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > July 2010

Re: 「EPUBやCSSと日本語レイアウト、HTML5と電子書籍」

From: Toshiyuki Kamada <tkamada@acm.org>
Date: Thu, 15 Jul 2010 20:30:01 +0900
Message-ID: <AANLkTilZn3p5v9Sp_Yln_3kEzGcW9v9sIya0UKBjOSwH@mail.gmail.com>
To: MURAKAMI Shinyu <murakami@antenna.co.jp>
Cc: public-html-ig-jp@w3.org
鎌田です。

村上さん、まとめありがとうございます。

> 回転ということに関していえば、CSS3 にはすでにその機能があって、
> 最新のブラウザで実装もされています:
>
> CSS 2D Transforms Module Level 3
> http://www.w3.org/TR/css3-2d-transforms/

なるほど。おそらく、ActionScriptの設計も、こちら側に近いように思いました。

> 縦書きの実装において、この機能を利用して実現するということはありえたと
> しても、書字方向の仕様と、2D Transformsの仕様は別であるべきでしょう。

そう思います。これは、文字組のためのものではないですね。

僕は逆に、JavaScriptが心配になってきました。せっかくCSSでしっかり組んでもJavaScriptでめちゃめちゃにされたら意味がないので、そちらもケアしないといけないのではないかと。

TeXのほうでもまだわからないことが多いので、そちらも調べながら、また報告させていただきます。
目下、モンゴル文字はUnicodeでどちら方向として定義されているのかが気になるところです。
Received on Thursday, 15 July 2010 11:45:19 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Thursday, 15 July 2010 11:45:21 GMT