W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > February 2010

IGのWikiにはW3C文書の訳文を作業中のものでも投書できない?

From: 鈴見咲君高 <szmml@h12u.com>
Date: Fri, 26 Feb 2010 07:36:30 +0900
To: public-html-ig-jp@w3.org
Message-Id: <20100226073630.17aa1e32.szmml@h12u.com>
鈴見咲です。Wikiについておたずねしたいことがあります。

教えていただいたドラフト文書(の自分なりの部分訳)を話題の参考用にIGのWiki
に投書することはできないのでしょうか?

その理由(と私が考えていること)についてはすでに下記ページにもメモ書きをし
ていますが、次の二点です。
http://www.w3.org/html/ig/jp/wiki/User:Ksuzumiz

1) W3C文書の翻訳文書を作るには著者とW3Cの翻訳者MLに連絡して許可を得なけ
ればならない旨。

ただし、IGのWiki自体がW3Cサイトの中にあるため適切な注意を付加しておけば
問題ないのかも?とも思いましたが実際どうなのでしょう。

2) Wikiへの投書は完全に自由な文書であることが要求されている。

これはおそらくMediaWikiのデフォルト設定がそうなっているためかと思います
が、W3C文書の翻訳が翻訳者による自由な文書ではありえないため、引用目的の
ごく短いものでない限り訳文の投書がまったく不可能になっています。

Userページは自分の作業用スペースとも解釈できますが、自由な文書であること
の要求についてはそれ以外のページと同等のはずです。

日本語でW3C文書についての議論ができるせっかくのIGですが、その訳文につい
てWikiを利用することができないのはいささか不便、あるいはナンセンスなよう
に思いますので、実際そのような訳文を投書してもW3C側から苦情が来るとも思
えません。とはいえ、はっきりさせておいた方がよい、とも思います。

MediaWikiの設定が変更可能なら投書前の注意書きそのものなどを変更できれば
と考えますがいかがでしょう?

-- 
Suzumizaki-Kimitaka <szmml@h12u.com>
JPN: 鈴見咲 君高
Received on Thursday, 25 February 2010 22:37:05 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Thursday, 25 February 2010 22:37:07 GMT