W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > December 2010

Re: ルビと行間についてご意見ください

From: Masayuki Nakano <masayuki@d-toybox.com>
Date: Wed, 22 Dec 2010 15:11:12 +0900
Message-ID: <4D119680.1060201@d-toybox.com>
CC: "public-html-ig-jp@w3.org" <public-html-ig-jp@w3.org>
中野です。

On 2010/12/19 23:41, Koji Ishii wrote:
> 中野さんのおっしゃる通り、ユーザースタイルシートはGUIやツールの補助により、ある程度簡易に利用できる想定が可能です。
> 
> その場合でも、「重なるまではexclude-ruby、重なったらinclude-ruby」という切替は、今のところ他に実現方法が私には見つかっていません。中野さんのおっしゃるように「少しでも製作者の値から変更するなら、常にinclude-ruby」なら可能ですが、それは本来の目標とは、ユーザー体験上大分違うものになってしまいますよね。

p {
  font-family: "foo";
  line-height: 1.2;
  line-stacking-ruby: include-ruby;
}

例えば、このようなスタイルでよくないのですか? line-heightは足りない行で
は自動的に拡張されるので重なり合うことはありません。重なり合わない限りは
exclude-rubyと同じで等間隔で行が配置されます。

p{
  font-family: "foo";
  line-height: 1.2;
  line-stacking-ruby: auto; // exclude ruby but...
}

としたとしても、やはり結果は同じではありませんか?

-- 
Masayuki Nakano <masayuki@d-toybox.com>
Manager, Internationalization, Mozilla Japan.
Received on Wednesday, 22 December 2010 06:11:43 UTC

This archive was generated by hypermail 2.3.1 : Tuesday, 6 January 2015 20:05:29 UTC