W3C home > Mailing lists > Public > public-html-ig-jp@w3.org > August 2010

CSS3 Text Layout と EPUB

From: MURAKAMI Shinyu <murakami@antenna.co.jp>
Date: Tue, 10 Aug 2010 00:55:28 +0900
To: public-html-ig-jp@w3.org
Message-Id: <20100810005527.A7C4.C598BCD7@antenna.co.jp>
村上です。

ブログにも書きましたが、EPUB次期仕様策定で世界中の言語に対応する
ための札幌会議に参加しました:
http://blog.antenna.co.jp/CSSPage/2010/08/epub_1.html

私はCSS3縦書きなどとEPUBをどうするかというプレゼンをしました:
http://nadita.com/murakami/epub-css/

このプレゼンと会議での議論でCSS3縦書き仕様を次のように直すべきだ
という意見が多く支持されました:

・方向の定義を、'top' が常にブロックの前側(日本語の縦書きでは右)を指すように変える
http://nadita.com/murakami/epub-css/#Change_directional_def

これを支持する意見としては、

・スタイルシートをメンテナンスするコストが重要。もし縦書きと横書きで
  すべてのmargin/border/paddingプロパティが違う別々のスタイルシートを
  用意しなければならないなら、メンテナンスコストが増大する。

・「'left' が上を指すことになるのは、言葉の意味をゆがめる」というのは
  実際的な問題ではない。それより 'top' が常にブロックの前側を指すほう
  が便利だ。
  それにすでに dir 属性や direction プロパティの値の ltr と rtl は、
  縦書きでは上から下、または下から上ということになっている。

・MSIE の writing-mode 実装('top' が常に上を指す)はあまり使われていない
  ので仕様が変わったとしても互換性の問題はあまり起きない。

しかし、縦書きのときの方向の定義を変えるとなると、CSS3 Text Layoutや
関連仕様への影響が大きいし、さらに詳細をどうするか議論していく必要が
あります。たとえば、縦書きのとき('top' が右を指す)、background-position 
はどうなるのか、ページマージンボックスはどうなるのか、page-break-before/after 
の left/right はどうするか、など。
今後、EPUB仕様策定側とW3C CSS仕様策定側とが一緒になって問題を解決して
いけたらと思っています。

--
村上 真雄 (@MurakamiShinyu)
http://blog.antenna.co.jp/CSSPage/
Antenna House Formatter:
http://www.antenna.co.jp/AHF/
http://www.antennahouse.com
Received on Monday, 9 August 2010 15:56:07 GMT

This archive was generated by hypermail 2.2.0+W3C-0.50 : Monday, 9 August 2010 15:56:08 GMT